読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニオタが星野源の「ひとりエッジ」を見た

音楽 感想

 

今年活躍したひとスペシャルのSMAP×SMAPのSLIVEで星野源が出演していたのがオタクのみなさんには記憶に新しいのではないでしょうか。

もとからポツポツ星野源の好きな曲は何曲かあったものの、とくにはまることもなく何年も過ぎて2015年SUNという代表曲を手に入れて、俳優としてドラマにも恵まれ一気にブレイクする星野源を見てひたすら驚いていた。

そしていまあまりにも評判がいい新アルバム「YELLOW DANCER」を友人から借り、DVDを観ている流れである。いま、まさに。別の話題を書こうと思っていたのだが、こうなってしまった、おそろしい。

 

ではまず星野源とは。*1

 

SAKEROCKのメンバーとして、主にギターを担当するシンガーソングライター。大人計画に所属する売れっ子俳優。さらにビジュアルは世の文化系女子の母性本能をくすぐりまくり。サブカル界の最強兵器。

サブカル界の最強兵器。

 

おお。

サブカル界の最強兵器。おお。

何度でも言いたい。サブカル界の最強兵器。

塩顔イケメン。かわいい。うん。いじめられた過去。さえない少年時代。うん、抱きしめたい。*2

 

ひとりエッジは武道館で2DAYS行われたライブ。名前の通りゲストを除けば、1人で弾き語りのパフォーマンスだ。

 

最初はシンプルになにもないところで立って弾き語り、コント映像をはさみ、「自宅」という設定のセットで座り語り(?)、エロ本チラ見、神木きゅんの差し入れ乱入

 

星野源は何者なのか、とよく話題にあがるが、シンガーソングライターを軸にしたマルチタレント、といったところだろうか。

結構この点に関してはジャニーズに通じると思っている。SMAPはもはやアイドルじゃないとは常々思っているが、「アイドルを超えた存在としての国民的SMAP」と「それまでの既存のアイドルから逸脱した行為をするSMAP」という二つの意味を担っていると考えている。後者を考えたとき、アイドルを軸にしたマルチタレント、と言える。そもそもアイドルとしての軸の歌と踊りが他のグループに比べるとそろってな(

星野源ジャニーズ論積極的に展開していきたい(?)

 

コント映像、中居正広とかがやりそうな感じのコントだったし、ナンバガの透明少女を死んだ目で歌ってるの、草彅剛っぽさあった。SLIVEのトークの感じ観ても相性よさげだし、SMAPと共演してほしい。ロハスの間にすごく馴染めそうだ

し、その次の瞬間にはたくつよとくだらない下ネタを交わしてほしい(願望)

 

 

ここまで書いたところで神木が乱入してきて源さんバイバイって笑顔でさってった、なにこれかわいい。かわいい。源さんエロ本神木くん来たからって隠したけど神木君22さいだから。SUN聞きながらお散歩する神木隆之介、かわいい。語彙がないからかわいいばっかり。かわいい。あれかサブカル界の最強兵器とサブカル界の王子って感じだな。たぶんマイナスイオンででた。癒し。武道館マイナスイオンで満たされたでしょ。二人の共演作品は探偵学園Qだと思ってる!よ!

 

こんだけシンプルなセットで過剰な演出なく、ほぼひとりで1万3千人をギター一本魅せるの本当にすごい。ってかいてるそばから初老ダンス披露&ファンに強要しはじめてギャンワイイいいってなってる。なんだよ初老夫婦ダンスって。そのあとちゃんとかっこよく歌ってるからそのギャップに堕ちかける。もう自分のキャパ的にハマりたくはないのに、、、!

 

ぜひ来年SMAPに曲を提供していただきたい。そしてスマスマでコント共演してほしい。

 

木村拓哉と草彅剛との下ネタトーク、待ってます。各方面の方々よろしくお願いします。