読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稲垣吾郎の魅力5選

ジャニーズ SMAP
•永遠の不老王子 
ビジュアルのよさ、安定感は最近のSMAPのなかでピカイチなのではないだろうか。スタイルのよさ、肌の綺麗さ、顔の造形、どこをとっても満点。とても42歳になるひととは思えない。彼の20歳ごろのゾクゾクさせるようなアンニュイなオーラも大好きだが、今のエレガントさ紳士さを感じられるやさしいオーラも大好き。とにかく美しい。美しいものに囲まれて生活してほしいし、たぶんしてる。本当にかっこいい。30代後半あたりぽちゃっとしていたがここ最近の巻き返しが凄まじい。次のライブでもぜひ白スーツにバラのスタイルを見たい。

 •エンジェルボイス 
稲垣吾郎歌い出しの曲、素晴らしすぎる。「GO NOW!」「イナクテサビシイ」など。癒されるし、恍惚とする。「keep on」のスーパー吾郎タイムは必聴。ライブ映像モダスマのも必見。慎吾、木村が攻めて歌う中、優雅に英語詞を歌い上げる稲垣吾郎、必見。 なお、エンジェルボイスは木村拓哉がスマスマのエンディングトークで「吾郎の歌声ってさあ、、」と話していたことが吾郎はエンジェルボイスと広まった大きな要因かと思われる。 ソロでは「Thousands nights 」はセクシーに、「LOVE」では伸びやかに、「愛や恋や」ではミュージカルっぽい曲調を歌い上げておりその振り幅も楽しめる。

 •努力家 
いまはそんなにみかけないが、ちょっと前の雑誌などではSMAPの中で劣等感を抱えていることを話していることがみられ、その影響かはわからないがかなりの頻度でランニングを習慣づけている。SMAPのなかでいちばん体力があるのではないか。スマスマの運動会では草なぎチームを押さえ、稲垣吾郎チームが優勝をおさめた。ランニングしたのに帰りはタクシーで帰ることもあるというから、ほんと王子。

 •舞台俳優 
SMAPとしてももちろん忙しい中で、彼は毎年舞台にも立っている。2015年は「no.9 〜不滅の旋律〜」でベートーヴェンを演じきった。惜しくもこれが初めて観た稲垣吾郎の舞台で他の彼の舞台のことはわからないが、期待値を超える圧倒的な舞台だった。稲垣吾郎を観に来たのにベートーヴェンしか観れなかったと口々に言われるくらいの熱演だった。三時間にも及ぶ舞台でセリフも多く動きもある舞台を1日に2度もこなす日もあり、難なくこなしているようにみせるのも前述の体力づくりの成果か。とにかくすごかった。是非一度稲垣吾郎の舞台観てほしい。

 •中間管理職 
SMAP5人の中で丁度真ん中の稲垣吾郎。上が中居正広木村拓哉、下が草なぎ剛香取慎吾。この間をうまくとりもてるのは稲垣吾郎しかいない。みんな大好き稲垣吾郎。ツッコミもできるしボケもできる。イジることもできるしイジられることもできる。最近稲垣さんおもしろい、と中居に言わしめる稲垣吾郎。優雅なパブリックイメージを裏切るようなコントも全力でやり、スマスマでは積極的にいじられている。本当に面白い。特に最近の中居正広の稲垣さん、稲垣さんの呼びかけは異常。デレ。たぶん2015年最多の稲垣吾郎のファンサを手に入れたのは中居正広。また自身は強火木村担。下三人でいるときの吾郎のお兄ちゃん感は異常。パリピアリーダー。メンバーから吾郎、吾郎さん、吾郎ちゃん、稲垣さんと異なる呼ばれかたをされる。兎にも角にもSMAPには稲垣吾郎は不可欠。


 他にも魅力はたくさんありますが、とりあえずここまで。正直SMAPを好きになって一番株が上がったのは稲垣吾郎。 
 よいお誕生日を迎えられますように。